結局大事なのは保湿だった

小さい頃、私は他の友達よりもメイクに興味を持つこともメイクを自分ですることも遅く、高校を卒業してから化粧を始めるようになりました。今考えると毛穴が開き黒ずんでいる状態で学校に行っていたと考えると少し恥ずかしいなと思います。

スキンケアもあまりこだわりがなく「化粧水と乳液を使っていればどれも変わらないだろう」と考えていた私は、親の使っているスキンケアを気が向いたらするくらいでした。

社会人になって、化粧を始めると自分の毛穴の黒ずみやニキビ跡にコンプレックスを抱くようになってしまい、スキンケアを自分で調べるようになりました。その頃は「毛穴の黒ずみ、角栓がごっそり取れる!」という見出しのサイトをよく見ていました、必ずと言っても過言ではないほど乗っているのが毛穴パックです。

どろっとした液体を毛穴の黒ずみや角栓が気になるところに塗り、放置すると水分が抜け乾いてきます。乾いたパックを剥がすと毛穴の角栓が取れて肌がつるつるになるというものです。

「それだけで毛穴が綺麗になるなら…」と思い、試してみたのですが毛穴の角栓が取れることはなく変わらない黒い目立つ毛穴があるだけでした。次に試したのは化粧水と乳液だけだったスキンケアを増やそうと思い、美容液・シートマスク・クリームを増やしたのです。すると毎日続けていくうちに段々と毛穴が小さくなっていることに気が付きました。

今もスキンケアに興味を持ち検索をすることがありますが、保湿力の強いものを使うと良いと書かれていることも多いです。もしかしたらその人の肌質にもよるのかもしれませんが、私は保湿が一番効くと思います。

脂性にはウェットティシュー

年をとるごとに体の筋肉が落ちるにしたがって肌も垂れ下がってきます。そんな垂れ下がってきてしまう肌を改善するべく色々な努力をしてみたりしていました。どうするかというと乾燥肌というよりかは油症の体質ですので、外出することによりスキンケアを図っています。

普段から油でまみれた肌を拭くようにして外出の際にはウェットティシューを持ち歩きことあるごとにウェットティシューで顔を拭くようにしています。特に首の周りなどといったような場所を入念に拭くようにしており、これは夏の期間だけではなく冬の期間も重要な作業になってきます。

このように肌の表皮脂質から油を取り除くことによりさっぱりとした感覚になるだけではなく、毛穴の汚れやくすみなども取り除きリンパの流れの改善を図ることが出来るのです。

毛穴が引き締まることによりつるっとした肌に仕上がり、美容効果を齎してくれるのです。ウェットティシューを使っていて思ったのは、使い始めて半年ほど経った頃でしょうかをみるみると肌のスキンケアがされてきて、肌がきれいになっていると実感した始めたのであります。

これからも日焼けの防止だけではなくウェットティシューで日々スキンケアを図っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です