毛穴開きに悩み悪戦苦闘中

私は、メイクを始めたのも早かったのですが、当時正しいスキンケアも知らずに、いわゆる”おませさん”と言った感じで、
とにかくメイクに対する憧れを持っていて、ファンデーションを塗ってみたりと色々していました。

しかし、前述のとおり、正しいスキンケアを知らなかったので、メイクをした後にしっかりと洗顔をできていなかったり、
ちゃんと化粧水を使ったりもしていないという日々でした。
そんな生活をしていたせいか、20代になって肌に詳しくなった頃、既に取り返しのつかないような毛穴開きが進んでいる状況でした。
それからというもの、毛穴ケアによいとされるビタミンをとりまくってみたり、
オバジなどの少々値段の張る毛穴ケア向けの基礎化粧品に手を出してみたり、
フェイスエステで毛穴ケアのクレンジングを定期的に挟んだりとやってきましたが、あまり効果はみられませんでした。
また、外からのケアのみならず、食べ物、飲料なども気を付けて生活をしていたものの、あまりそちらも効果がありません。

結局、思いつく限りのことはやってみましたが、一番効果のあったのは、LUSHのハーバリズムでした。
もともと、刺激にあまり強い肌ではなかったようで、最低限のスキンケアで、たまにシートパックをしようしたり、たまにソフトピールをしたり、
それが一番効果があったのです。

あまりに気にしすぎていると、実は一層肌にもよくなかったようで、やりすぎもいけないということにたどり着きました。その結論にたどり着くまで、10年近くかかってしまいました。

敏感肌のスキンケアが大変な話。

最初は敏感肌だと思っていませんでした。ですが、とある美白化粧水で肌がやけどのように、赤く腫れてしまったことがあります。もちろんカウンセリング化粧品であり、広く一般に普及されている商品なのに、です。傷んだ肌には、何をやってもだめ。化粧品の効果もなにもない状態が約1年は続きました。

そこで改めて思い出したのが、前にも似たようなことあったなぁ、ということです。それはオードムーゲのアルコールにかぶれたものでした。

今回はおそらく美白成分のトラネキサム酸。口コミを見ると、思った以上に高評価のようで、あわない私の肌は一般的ではないのだとそこで初めて敏感肌を認識することとなったのです。

そこからは、やはりもう一年も戻らないようなトラブルを避け、化粧品の成分を入念にチェック。前までのようにある意味楽しんで化粧品を購入することも、選ぶこともできなくなりました。

敏感肌用につくられているものを常にそばに置き、新しいものにチャレンジすることができなくなると、モチベーションも下がりつつあります。アラフォーにもなると、低刺激の化粧品だけではやはり物足りないので、本当に今悩んでいます。

暇があれば口コミをみて、敏感肌でも使えそうで、且つ効果のあるものを常に探しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です