毛穴の原因はクレンジングによる乾燥と判明!

私が本格的にメイクを始めたのは、社会人となった22歳からで周囲と比べ遅いスタートでした。
そのため、しっかりメイクを落とすためにオイルクレンジングを使用し始めたのも22歳からだったのです。

その頃から小鼻の黒ずみが気になり始めました。
私は「メイクを始めると、やっぱり毛穴に入り込むんだなぁ。」と思い込み、ネットなどで「クレンジング 洗浄力 強い」などと検索してたどり着いた効果の強いオイルクレンジングを使用することにしたのです。

すると、確かに濃いメイクはスルリと落ちるのですが、いくら小鼻をマッサージしても毛穴の黒ずみは落ちることがありませんでした。
それどころか、クレンジング後はマッサージした鼻が赤く変色して非常にかゆくなってしまったのです。
毛穴の汚れが目立つ赤い鼻は、まさに「イチゴ鼻」で鏡を見るのも嫌になってしまいました。
助けを求めて訪れたのは、口コミで定評のある美容皮膚科でした。

そこで自分の症状について説明をすると、美肌ツヤツヤの女医さんは「クレンジングがキツいのではないかな。」と指摘して下さったのです。

私は「クレンジング=毛穴の汚れも化粧とともに落とす」と思っていたので大変驚きました。
なんでも、自分の肌質に見合わない洗浄力の強さがあるクレンジングを使用すると、本来の肌が持っている保湿成分まで洗い流してしまい肌を乾燥させてしまうとのことでした。

その結果、乾燥で無防備になった肌はデリケートになり痒みを生じたり、潤いがなくハリを失って毛穴が開くと教えて頂きました。
すぐに洗浄力の弱い水クレンジングに変えると、ものの一週間足らずで鼻の赤みやかゆみが消え、ツヤを感じるほどに回復しました。
さらに、ふっくらとハリの出た皮膚は毛穴の黒ずみも目立たなくなったのです。
この経験から、お肌はとてもデリケートなので自分の肌質を理解し、それに合ったスキンケアをする大切さを学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です